より費用を抑えられる納骨堂とは一体何なのか

納骨堂のさまざまなタイプ

many tombstones

あまり知られていない納骨堂ですが、実は納骨堂にはさまざまなタイプやスタイルがあり遺族たちに合った利用の方法があります。ではどのようなタイプがあるのか見てみましょう。

the tomb and grass

負担をより減らすためには

with beads on the table

葬儀からお墓を立てるまで膨大とも言える費用がかかるのは多くの人の悩みでもあったかと思います。そこで少しでも費用を抑えより快適に利用出来る納骨堂の料金相場はどの程度なのでしょうか。

宗派を問わない納骨堂

flowers on the tombstone

納骨堂を利用するにあたって事前に納骨堂を管理している場所へ問い合わせることも大切です。ただ料金が安いからと言って選ぶのはまだ早いでしょう。ではどのように選べば良いのでしょうか。

納骨堂とは

cemetery

墓石との違い

納骨堂は故人の遺骨を納め、安置しておくための場所です。従来は骨壺を納める場所というと、家で所有している墓石が一般的でしたが、最近は納骨堂を利用する人が増えているそうです。屋内にあるため掃除などの基本的な世話は運営している寺院や公共団体が行ってくれるうえ、街中のアクセスのよい場所に建てられていることが多いので、お参りも気軽にできるのがメリットです。また、子どもがおらず、お墓を継ぐ人が絶えてしまった場合にも、契約によってはそのまま永代供養への切り替えが可能です。忙しくてなかなか墓参りに行けない方が家族のお骨をお納めするほか、家族がいないか遠方に住んでいるという方が自分用として予約をするケースがあります。核家族化と少子化が進む現代、納骨堂の需要はこれからも増えていくでしょう。

費用を抑える

納骨堂は一般的に、墓石を建ててお骨を納めるよりもずっと安い費用で利用できますが、さらに費用を抑えるにはどんなポイントに気をつければよいのでしょうか。近年は納骨堂が増えていることもあり、料金の安いお堂もたくさんありますが、単に値段を比較するだけでは不十分です。サービス内容や設備などはもちろん、料金体系についても確認しておきましょう。場所によってはサービス次第で追加料金が発生するほか、期間契約で更新ごとに料金がかかることがあります。各自治体が管理・運営している公営の納骨堂は比較的安価で利用できて安心ですが、申し込みに条件が付けられていたり、人気のところは抽選でしか入れなかったりといったことが考えられます。よく比較したうえで満足できる場所を選んでください。