より費用を抑えられる納骨堂とは一体何なのか

負担をより減らすためには

with beads on the table

費用の相場

自分が亡くなった際に関して生前から考えておくことで、残された家族の負担を減らすことができます。特に墓地については、場所や費用など考えることが多くあります。そんな中、最近では納骨堂の利用をする方も多くいらっしゃいます。納骨堂は墓地の利用に比べると料金が安く、初めにかかる費用の相場としては50万円程度になります。これに対して墓石を含めたお墓に必要な費用はおよそ200万円となり、納骨堂の利用の方が初期費用がかからないため、家族の金銭的負担を軽減することができます。また、墓地は血縁者の手によって管理が受け継がれていくものですが、少子化の影響や核家族化が進む現代では、お墓を守る次の代へと受け継ぎにくいといった背景があるため、第三者の管理者によってきちんと管理が行われる納骨堂は重宝されています。

契約期間後は

お墓よりも費用がかからないために納骨堂の利用はしやすいですが、管理するところによって納骨を安置する年月に違いがあります。契約期間が切れた場合、そこからどのような形で遺骨を取り扱うかを事前に考えておく必要があります。合祀墓に納骨をし、お盆やお彼岸に合同での供養を行う場合や、回忌供養など、お寺によって供養のタイミングもさまざまです。合同でとり行われる供養の場合は費用はかかりませんが、個別での供養を希望する場合は別途費用がかかることも知っておいたいいでしょう。管理側によっては半永久的な安置を行うところもあるため、遺骨の安置場所を動かしたくない場合は長い期間安置できる納骨堂を探しましょう。納骨堂では故人の宗派に合わせた納骨堂を探すこともできるため故人の意志を尊重することができます。