より費用を抑えられる納骨堂とは一体何なのか

宗派を問わない納骨堂

flowers on the tombstone

利用の条件

一般的にはお寺が管理を行う納骨堂ですが、この他にも公営、民営も管理を行っています。民営が管轄を行っている納骨堂の多くは宗教を問わないため、制約が無く利用しやすいといった点があります。民営の場合、サイトや広告が多く出回っているため資料の請求を行うことができます。公営は他の管理と比べた場合費用が安いところが多いです。しかし、利用のための条件があるため、申し込みの可否について確認を行うことが必要です。寺院が行っている場合は、その敷地内に納骨堂を保有しています。亡くなった方の宗派に合った寺院に赴き直接寺院での申し込みを行います。3つの管轄によってこのような違いがあるために、故人や家族の状況に合わせた利用を選ぶことができます。

天候に左右されず

納骨堂を個人で利用する場合、一般的な相場は50万円程度となりますが、納骨堂の種類やグレードによってかかる費用は変わってきます。お寺が供養を行う場合、故人の骨を納める際の納骨式の際に最大5万円のお布施代の準備が必要です。利用する納骨堂によってその後の維持費や必要経費もかかってくるために利用する前に諸費用の確認を行っておきましょう。また、納骨堂はお墓と違い、購入ではなくスペースを借りるというイメージに近いため、管理を行う期間を設けている場合もあります。そのため、契約期間の満了時には更新を行う可能性もでてきます。納骨堂を利用するメリットの一つに、屋内での安置といった点もあります。天候や気温に左右されずにお参りができるため、人が訪れやすいのは大きな利点です。